--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/11/05

ゲルググ制作記4

 こんばんは!どら息子です。
この3連休、みなさんはどう過ごしました?
 どら息子は1日目は遊びに出かけ、2日目は家族サービス、3日目はゲルググ制作といたってのんびりな休日を過ごしていました。

 ということで・・・


 ゲルググの肩です。幅増しした裏側は悲惨な状態なんで、見える部分だけプラ版で塞いでます。
一応、なんちゃってモールドと自分では称してます(笑)

 そして腕の後ハメです。
 腕部分にポリパーツ(ゲルググの余りを使用)を挟み込んで接着。この際ポリパーツは出来るだけ薄く切り込みします。
ひじ部分は写真の通り切込みをいれます。ここにポリパーツを挟み込むわけです。
ひじ部分の切り込みはちょうど、接合部分だったダボ部分まで切ればいいでしょう。
そして切った部分、中は空洞になりますので、そこにキットのランナーを小さくきって埋め込みました。
これで、挟み込むだけのポリパーツがランナーを通すことによって外れにくくなります。

 意外とお手軽でした。

 

 ゲルググの頭部です。
モノアイを作成しました。黒いパーツを外し、眼に当たる部分を削り市販のディティールUPパーツでモノアイを作成、レールはプラ版を貼りました。
 あとブレードアンテナはオーバースケールだったため短く修正。これでもちょっと大きめですが
胴体がボリュームUPしてますので見栄えも良好です。

 これで上半身までは終了しましたが、サフを吹いたらおそらく粗だらけでしょうね
それが怖いので下半身が出来てからサフを吹く予定です。

 来週までには一回目のサフ吹きが出来たらいいな。

 それでは。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。