2015/02/28

MG ザクキャノン製作記②

MG ザクキャノンもHG G-セルフと同時進行で進めてます。

DSC01249_convert_20150222113409.jpg
 さすがにMGだけあって合わせ目部分が少ないので処理は楽ですね。
その分、ひけやバリ落としのヤスリかけはめちゃ多いですけど。

 捨てサフ吹いても問題ない状態でした。これで全パーツ処理済みですので塗装開始です!


DSC01250_convert_20150222113435.jpg

 内部フレームはメカサフを「ヘビー」と「ライト」両方使ってパーツ単位ですが塗り分け。
サフと同時に色も付き、艶消し状態になるので最近はこのパターンが多いです。

 外装は同じくメカサフの「ヘビー」を吹いてパーツチェック。

 パーツごとに成形を丁寧に行ったつもりなんで僕の目では問題なさそうでしたのでこのまま本塗装に入ります。

今日はここまで
スポンサーサイト
2015/02/14

MG ザクキャノン製作記 ①

 以前から始めてました

 「MG ザクキャノン」ですが、今日から製作記を上げたいと思います。
といってもすでに塗装前まで行ってるんで製作記とは名ばかりなんですけど・・・

 DSC01225_convert_20150214100059.jpg

 やすりがけは全て終了しております。

合わせ目けし部分は200番ペーパーから400番、800番と移行しながらやすりがけ。
ひけやパーティングラインなど、残りのパーツは400番から800番で終わりました。

 しかし、再販品だったのか、パーツのバリやスジ彫りの埋まりがちょっと目立ちましたので、その作業に追われました。
スジ彫りは外側パーツだけ掘り直しましたが、バリだけは内部パーツも確認しながらしないとうまくパーツが合いませんからね。

 DSC01224_convert_20150214100022.jpg

定番ではありますが、とんがらせたり・・・

DSC01226_convert_20150214100129.jpg

 モノアイをいつもの金属パーツに変更!今回は金属パーツとプラパーツの軸をすり合わせてモノアイカバーも入れてます。 いつもは見栄え重視で外してましたけど今回はためしということで。

 DSC01227_convert_20150214100157.jpg

 小さいですがお腹のパーツに金属パーツや

 DSC01228_convert_20150214100225.jpg

 後ではめ込む用にドリルで穴開け。僕は金属ボールを1ミリと1.5ミリを使用してます。


 さて、洗浄はすみましたのでこれからサフ吹きに入ります。接着や合わせ目けししたパーツは缶サフで、その他のパーツはブラシで「メカサフ」を吹いていく予定です。

 合わせ目がうまくいってたら一旦サフを落とした後に、「メカサフ」を吹きます。

 今日はここまで!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。